排卵・妊娠検査薬やクロミッド!不妊を克服する道のり

排卵・妊娠検査薬やクロミッド!不妊を克服する道のり

早期に知れる妊娠検査薬

妊娠を知らせる初期症状が現れた場合に1日も早い検査を行いたいと思うことは子供を望んでいる女性には当たり前の心理であり、一刻も早く知りたいと毎日落ち着かないと思います。
通常の検査薬の使用であれば生理の予定日の1週間後から検査をすることができますが、フライングして検査できる早期妊娠検査薬というのがあります。
早期妊娠検査薬とは、使用目的は妊娠しているかしていないかの判定を行うことを目的としたもので確定することで分泌されるようになるhCGと呼ばれるホルモンを検出することができる試薬となり使用方法を守ることで99%以上の確立で正確な検査結果を知ることがでるものになります。
hCGはヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンであり黄体ホルモンの継続した分泌を行えるようにしてくれるホルモンになり受精卵が子宮内膜に着床することで分泌がはじまります。
この試薬であれば生理予定日の3日前からの検査が可能であり、カップにとった尿に浸すことでシートに書いてあるコントロールラインとテストラインに線が浮かび上がるようになっているので陰性である際にはコントロールラインにのみ線が表示され、陽性であればどちらのラインにも線が浮かび上がり妊娠の反応を示してくれ、検査の方法を間違えたり無効である場合にはコントロールラインに線がでないようになっているので再度検査をしなければなりません。
生理開始の予定日3日前からの使用で陽性の反応がでた時の判定制度は50%ほどであり、2日前で70%、3日前で85%の精度になります。
検査キットは日本製のものと海外制のものがあり、どちらも判定結果に違いはなく日本では薬局などで取扱いがあることもあり問い合わせて購入するか海外制であればインターネットを通じての海外配送になるので日数を要するので海外からの購入の場合には到着日を予測して事前に購入するようにしてください。
検査はドキドキする瞬間であり新しい生命の誕生を誰よりも早く知りたい方は購入して試してみてください。