排卵・妊娠検査薬やクロミッド!不妊を克服する道のり

排卵・妊娠検査薬やクロミッド!不妊を克服する道のり

妊娠の為に必要な検査薬

排卵検査薬とは妊娠しやすいと言われる時期を測定するために用いられる薬となり、女性は排卵の前になると排卵の準備としてLHホルモンと呼ばれる黄体刺激ホルモンの分泌量が増えるため検査薬を使うことでその上昇する時期を見極める効果があり子供を望む女性には重要なものとなり必需品と言える製品になります。
また排卵日に陽性の反応が出るようにはなっておらず、排卵日直前の数値がもっとも高いと時に陽性の反応を示してくれます。
排卵日がなぜ重要かというと排卵がおこった時に卵子の寿命は12時間から長くて24時間と言われており、妊娠を望んでいる場合にはこの短い時間内で卵子と精子が出会わなければならず、排卵の予定を正確に予測することで受精する確立を高めることができます。
使用方法も簡単であり尿をカップにとり検査薬を3秒ほど尿に浸け取り出し乾燥させたところに置き5分以内に検査結果がわかるようになっていますが、使用上の注意として検査を始める時期を間違えている場合や月経周期が不規則である場合には判定結果が陰性になることがあるので注意が必要となります。
陽性がでた際には一定の期間が経過すると妊娠の前兆とされる初期症状がおこり妊娠したかの結果を早期に知りたいと思う方もおり通常の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から判定ができるようになりますが、最近では早期妊娠検査薬という製品も登場しており受精卵が着床することでhCGと呼ばれるホルモンの分泌があり日本で販売が行われている製品はhCGの基準値が25mIU/mLから検査が開始可能となっているので生理がはじまる3日前つまり着床から3日ほどで妊娠の検査をすることが出来るようになります。
どちらの製品も正確な検査結果が期待でき排卵検査薬を用いて妊娠しやすい日を予測し高い確立で妊娠できるようにし早期妊娠検査薬で早期に妊娠を知ることでこれから生まれる子供との生活のため準備に入って下さい。
様々な製品が登場していますので、正しい効果を得るために使用方法をきちんと守って使用してください。