排卵・妊娠検査薬やクロミッド!不妊を克服する道のり

排卵・妊娠検査薬やクロミッド!不妊を克服する道のり

不妊症の原因について

不妊症とはお互いが妊娠を望み避妊具の使用をしないで性行為を2年以上しているのに妊娠の成立が見られないことと定義されており原因と考えられていることや要因などは幾つかあると考えれていますが、未だに明確なことがわかっていない分野であり病気ではなく症候群として考えられています。
何がきっかけとなって妊娠の成立が見られなのかを検査することで適切な治療を施し妊娠の成立の確立を高める治療方法を取り入れ治療を行っていきますが、明確なことがわからないこともあり子供を望んだとしても一生涯子供を作ることもできないことがあります。
また不妊症は女性側だけに問題があるとは限らず男性側にも問題があることがありこれを男性不妊といい、EDあるいは勃起不全と呼ばれる勃起に障害がおこってしまい女性の膣に挿入が困難になってしまうあるいは持続できないために射精に至らないなどの症状が代表的なものになります。
他にも精巣に問題があり、健康で元気な精子を作る事ができないことや無精子症といって精巣に精子がいなくなってしまう病気なども男性不妊と判断されます。
女性側に考えられているのが排卵がおこらない排卵障害や卵管が狭いあるいはつまっていることなどがあり受精卵が移動できなくなってしまう卵管障害、子宮頸管に異常があり精子が通過できなくなることまたは受精卵となるものの子宮内膜に着床できないことなどが原因と言われています。
専門医に受診することで基本的な検査を通して症状を検査しステップアップ療法というもので治療を進めていき、タイミング法や排卵誘発、人工授精、体外受精、顕微受精の5段階がありスッテプが進むごとに治療費も非常に高額になり最後まで治療ができない方もおり、また確実に妊娠できるという保障もないので妊娠を諦めてしまう方も少なくありません。
確実に妊娠する方法がないため子供を望む方々にとっては不満ばかりかもしれませんが今後の医療の発展に期待するほか今のところはないようです。